平安郷

平安郷(京都) 岡田師は、昭和26年の関西巡教の折に京都を訪れ、京都に箱根、熱海とならぶ聖地を建設する構想を抱き、昭和27年、京都嵯峨野の広沢の池に隣接する土地(約1万5千坪)を入手し、「平安郷」と名付けました。歴史的風土保存特別地区に位置する平安郷は、平安時代の面影を残したおちついたたたずまいを見せ、雅び豊かな京都の地にふさわしい緩やかな曲線美を活かした庭園には、春秋の花木や山野草が植えられ、2本の小川が緩やかに敷地内を巡っています。