教祖・岡田茂吉師について

教祖・岡田茂吉師について 岡田師(「明主様」と尊称)は明治15年(1882年)東京・浅草に骨董商の次男として生まれました。家庭は貧困ながらも両親の温かい愛情を受けて成長した岡田師は、芸術家をめざしますが眼病により断念、その後、装飾店を起こし、一時は成功者と言われるまでになりました。しかし、妻子を失うといった悲しみや事業の大打撃などによって、精神世界へと誘われ、45歳で神の啓示を受けました。その結果、人々の心身の健康を目指し、「浄霊」法を創始するとともに、事業を全て従業員に譲り、昭和10年1月1日、世界救世教の前身となる「大日本観音会」を設立しました。第二次世界大戦前は官憲の弾圧を受けましたが、戦争の終焉をうけて信教の自由が認められると活動を再開し、昭和25年、世界救世教を設立しました。また、優れた美術品や芸術の「美」を通して魂の向上を図ることを願って、日本および東洋の美術品を蒐集して箱根美術館を開館しました。さらには箱根、熱海、京都に地上天国のひな型として建設しました。また、大自然の摂理を尊重し、農薬や化学肥料を一切使わない「自然農法」と「自然食」を全国に普及しました。